PCR検査や抗原検査、抗体検査は医療費控除の対象になるかどうか。

ここへきて、また新型コロナウィルス感染症の影響がかなり大きくなってきている状況です。

昨年は、一年を通して絶えずこの新型コロナウィルスというものに振り回されて

しまった年かと思いますが、今年もその状況が変わるような気配がまだありません。

そうした状況で、PCR検査や抗原検査、抗体検査などを行った方も

かなり多くいるのではないでしょうか。

これが医療費控除になるかどうか。

確定申告が始まる前に知っておくと、医療費の集計等の際に役に立つのではないでしょうか。

結論から言うと、PCR検査にしろ、抗原検査、抗体検査については、基本的に医療費控除の対象にはなりません。

自己負担等で行った場合には、かなりの高額になるケースが多いので、医療費控除の中に含める事が出来るかどうかで

医療費控除自体を受けれるかどうかも変わってくるかもしれません。

なので、基本は、こういったものに係る費用は省いて医療費の集計をする事が必要です。

しかし、たとえPCR検査を自費で行ったものでも、その検査の結果が陽性で治療が必要な場合には、

医療費控除の対象になります。

同様に、抗原検査・抗体検査についても、自己判断で受けて、陽性となり治療を行った場合には

医療費控除の対象に含める事ができます。

今年の分の確定申告のうち、医療費控除については、新型コロナウィルス関係のものを含めて

申告をする事を考えている方も多いかと思いますが、

基本的に予防等の費用は医療費控除の対象外なので、

予防のための消毒費用などは対象外ですし、マスクなどについてももちろん対象外ですので、

新型コロナウィルスへの対応という事で医療費控除も当然受ける事が出来るといった

間違った意識はもたないようにしておくことも大切かと思います。

わかっていれば、当たり前に対象外と思えると思いますが、

いざ対象と思いこんで、申告の際に対象外なので、外してくださいと言わると

納得いかなかったりという意識にもなりかねないので、基本的にPCR検査や抗原検査・抗体検査は

医療費控除の対象外という事は、この時点で知っておくといいと思います。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください