広告宣伝費

ダイレクトメール・チラシなどなど。

以前に、今後の為にと金融公庫へ営業もかねて、借入もお願いしましたが昨日無事?に借入の入金が行われました。

とくに問題があったとかはなかったのですが、書類等の記載・作成に不備なくスムーズに手続きが済みほっと一安心しました。

これによってもちろん返済はしていきますが、広告宣伝等にかけていけるお金が増えたので、どのように活用していくのがよいか。

最近は色々と、突然の連絡がきて、HPの作成の手伝い、さらに集客数が見込めるように改善、などの営業がよくあります。

 

昨日は、今あるHPを基本にさらによりよく的なことを売りに営業の電話がきました。

ではまず御社の資料などを郵送等・メール等でもらって目を通したいのですがと、少し間口を広げたつもりで対応したんですが、対面して説明しますの一転張りだったので、お断りしました。

資料等みて、こちらから連絡する(可否はいずれでも)といって資料等を送ってくれるところもたくさんありますので、それを拒まれるとただでさえ少し壁があるのに、強引さが目に付いて興味も薄れてしまいます。

 

やはり広告宣伝は事業主にとって大事ですし、それをビジネスにしている方は結果も求めているのはわかるのですが、むやみやたらと無駄なお金は払えません。(独立したての事務所はなおさらです。自前のHPなので突っ込み所が満載でしょうが…)

 

広告宣伝の方法で結果も大きく変わってくることも当然でしょうから、これからさらに意識をもって取り組んでいこうと思っています。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください