地元に出来た食パン専門店が大行列。

最近、事務所の近くに「一本堂」という食パン専門店が出来ました。

矢向駅から徒歩3分ぐらいの所にあるのですが、毎日行列ができていて、近くを通るたびに気になっていました。

色々な場所に店舗を展開しているようですが、個人的には食べてみた事はなかったので、一度並んでみました。

お店としては、かなり小さく、ほんとに数種類の食パンを、時間で分けて販売しているようで、すべての種類のパンを一度に買う事は無理なので、購入したいパンの種類が出来上がるときに並ばなければいけないようです。

とくにお目当ての種類があったわけではないので、とりあえず並んでその時に出来上がったパンを購入しようと思いましたが、行列の前に注意がきがあり、「整理券などはないので、販売本数が売れてしまったらそこで終了」との事。

1人の本数制限もないようなので、いつどこで売り切れになるかは誰にもわからなそう。
これは少しどうだろうか?と思いましたが、売り切れない事を願ってとりあえず並んでみました。

こんなに並ぶ理由は一体何なのか?
食べた事があれば、ここの食パンが好きで並んでいる人もいると思いますが、周囲の話などを聞いていると、やはり大半が新しくできて行列になっているのでとりあえず買ってみようという人が多いように思いました。自分もそうですが。

しかし、並んでいて気づいたことが一つ。
この行列ができる一つの要因は、販売方法にあるのかなと。

レジが遅い。

この一言に尽きるかと。

これは、人の技量の問題とかではないのですが、購入する数をきいて、それを何枚切りにして(出来立てで温かい場合は切るのはできないみたいです。)袋に詰める。
この作業をやりお会計。
これは時間がかかります。

いつも近くを通って行列が絶えないと思っていたのですが、実際に並んでみると行列が絶えないのではなく、行列がほとんど進まないのです。

これがいいか悪いかは別として、売る側にしてみたら作る本数が決まっていてそれを売り切ればいいのであれば特に問題はないと思います。
しかしそれは、今のように常に作った分が売れて残らない場合で、こんどもずっとそういった状況が続いていくかは疑問を覚えます。

かといって、販売の人数をもう一人といったスペースもないですし、そういう戦略でもないように感じます。

実際に並んでみても10人ぐらいの後でしたが、実際に購入するまで30分ぐらいかかったと思います。
丁度一つの種類のパンが最後の一斤でしたが(笑)
さらに後ろに並んでいる人はとても残念がっていました。

この辺りもやはり改善の余地というか改善をした方がいいと思います。

また並んで買いたいかと言われると…。
あの進まない行列に並んでまでは…と個人的には感じました。

食パン専門店は、ほんとに多くなってきていますし、それによって既存のパン屋さんもかなり打撃を受けているところもあります。

どんな業種でもそうですが、やはり一過性で終わらせず継続的にが一番大変でしょうけど、せっかく地元に出来たので、長く続いていって欲しいと思います。
色々な選択肢があるのは、購入する側からは良い事なので。

(後記)
開店から少し時間がたちましたが行列すこし落ち着いたようです。



川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
――――――――――――――――――――――――
濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com
――――――――――――――――――――――――
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください