通帳発行に手数料。みずほ銀行の2021年1月から新規口座開設から。

通帳発行に手数料がかかる。

しかも1,100円。

なかなかの金額です。

来年の1月から、70歳未満の方がみずほ銀行で新規に口座を作る場合、通帳ほ発行を希望すると上記の手数料がかかるようになる。

しかも、通帳繰越の都度、手数料がかかるみたいなので、かなり負担増。

通帳以外でも、企業が決済に使う手形などの用紙の交付の金額も、手形については、3,300円から11,000円に、小切手は2,200円から11,000円に値上げされるらしい。

とてつもない値上げの幅すぎて言葉が出ない…。

通帳に関しては、デジタル通帳を推進していきたという事で、わからなくもないですが、手形や小切手についてのこの値上げはあまりにもな気が個人的にはしてしまいます。

デジタル通帳は、他の銀行でも推進されています。

私も個人的に三菱UFJの口座を使っていますが、こちらもデジタル通帳への変更を強く押し出している感は常々感じます。

こういった通帳発行をなくすことにより経費削減の効果は大きいのかもしれません。

となると、やはりこの先すべての銀行で、通帳の発行が有料となるのが当たり前になってしまう可能性も低くはないでしょう。

それでも通帳の発行を望む人はいるでしょう。

どちらが良いかは、それぞれですが、

選択できるというよりは、根本的には通帳の発行を失くしたいというのが、銀行側の意向でしょうから、

デジタル通帳の利便性を打ち出していってくれればいいのですが、

今の所あまりそれが個人的には感じられません。

というか、ネットバンキングをしていればそれで済むので。

無料でのサービスがほとんどだった個人の口座の維持管理ですが、

今後は、維持するだけでも手数料を取られたりするようになるかもしれません。

その第一歩がこの通帳の発行に対する手数料とならなければ良いと個人的には思っています。

他の銀行がこの手数料の対応に追随してしまったら、どんどんと進んでしまいそうですが…。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください