本末転倒な出来事。それでもそうなってしまうのもわかってしまう。

先日、ある光景を目にしたときに自然と頭に浮かんだのが

「本末転倒」という四文字でした。

新型コロナウィルスの影響で当たり前のようになった光景の結果が

生んだものですが、

お店の販売レジの前に今は必ずと言っていいほど、透明のアクリル板等を

設置しているようになっています。

このアクリル板等ごしに注文等のやり取りをする事で、飛沫を防ぐ目的でしょうが

その代償というか、シート一枚だけでも、ものすごく注文等を

聞き取りづらくなっているかと思います。

そういった光景は、さまざまな所で目にすることが多いです。

その時も、お客さんの方は決して小さな声というわけでは

なかったかと思うのですが、店員さんはなかなか聞き取りづらそうで

何度も聞き返したりしていました。

お互いマスクをしていますので、さらに聞き取りづらくなってはいるかと思いますが

これも今の新型コロナウィルス防止の観点からは、はずせないものとなっています。

しかしやはりあまりに聞き取れなかったのか、

段々とお互い近くでしっかりと伝えよう、聞き取ろうと

アクリル板等ごしに近寄っていきました。

最終的には、アクリル板等の横、つまりなにもないところに

顔をずらし、注文をいう方は、マスクをずらして店員さんの耳元で

しっかりと伝えて、やっと注文が伝わったというものでした。

これで最初のあの四文字、本末転倒だなと自然に思ったわけです。

良いか悪いかは別ですが、これは致し方ないのかと。

本当にあのアクリル板等ごしに話すと、話が聞き取りづらくなるのは、

個人的にもわかります。

結構な声の音量出してもこれほど聞こえなくなるものかと驚くぐらいです。

今回のように最終的に、アクリル板等を避け、さらにマスクを外して伝えると

しなければならないのであれば、少なくともアクリル板等を外し、

マスクごしという事を徹底する方が、現実的な予防になるのではと

思ってしまいました。

正直、新型コロナウィルスの感染対策については、手探り状態でしょうから

やれる事はすべてやる事が、世の中の総意みたいな感じになってしまっている

部分はあるかと思いますが、それが予防の意味をなさないのであればやはり見直しや

改善は必要なのではないかと個人的には思ってしまいます。

Gotoトラベルや、飲食店が今の感染者数の急増の主たる原因とされて緊急事態宣言の

再発令もされましたが、そうしたところで数が減らない場合に、実は原因となるべき

要因はほかにあるのではないかと少しでも疑問に思う気持ちは、少なからず持っておいた

方がいいのではないかと思っています。

そうしなければ、後になって現状行っている対策が本当に正しいもので

意味を成しているという事が、わからないままになってしまうような気が個人的にはしています。

昨年から、まだまだ続いているこの状況。

1年前には、1年後には終息はしないまでも、もう少し

色々と判明して、ここまでしなくても良いような状況になるのではと

思っていましたが、次の1年後にはぜひ終息して、こんな本末転倒となるような

日常の風景が無くなって欲しいと願っています。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください