銀行名変わって…。

4月1日から三菱東京UFJ銀行から「三菱UFJ銀行」に銀行名が変わりました。もう定着してきた感じですかね。

さて5月の申告について、3月決算の会社の内訳書等を作成しているときに、銀行名はどっちで入力すべきなのだろう…と思いました。

3月末日時点の内訳書と考えれば「三菱東京UFJ銀行」のままで作成する。申告時点ではすでに変更されているので「三菱UFJ銀行」として作成する。

正直、どっちでも金額等の問題ではないので害はないのですが、疑問に思ってしまうとなんか考えてしまいます。

 

感覚的には3月末時点の名称で表示しておくのが感覚的にしっくりはくると思います。(それでいいと思うのですが。)

そこまで深く考えなければ、気にもしないんだろうけど。

一度気になると…。

 

今回の3月が過ぎれば、当たり前のように「三菱UFJ銀行」とするのですが。

 

今回のように、会社名が変わったり、住所が変わったりはなかなか気づかない事があったりなのですが、そもそも住所まで内訳書に書かなくてもと思ったりもします。(調べればわかるでしょうし。)そのあたりの省エネはなかなか進んでいかなそうですが。

 

将来的に内訳書の作成もAI等で自動に出来るようになってくれたらこんな事で悩んだりもしなくなるのでしょうが。(仕事も減りますが、こういうのはそれこそAIの活用にもってこいではないでしょうか。)

今回、疑問に思ったことでやっぱりAIによってなくなる(は言い過ぎだと私は思っていますが。)職業に、税理士があがる事を実感したりもできちゃいまいたね。

表示の件は3月までは「三菱東京UFJ銀行」のままでいく事にします。(次の時に変更するのを忘れないように気をつけなければ…。)

 

余談というか、税務申告書の代表者署名については、決算後に変更等されていたら申告時点の代表者の署名となるのでお間違いなく。(間違えないでしょうが。気にはなるかもしれません。)

銀行等は名称変わったりたまにあるので、こういう事もちょくちょくあるんですよね。

 

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

各種補助金、助成金への申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
―――――――――――――――――――――――――――

    濱村純也税理士事務所
    税理士 濱村純也
    〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
    TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
    Email:jh@hamamura-tax.com
    URL :https://www.hamamura-tax.com

―――――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください