地元で利用していたお店が、長期リニューアルの張り紙。とくに工事している様子はなく、もう二ヶ月以上たつ。これは…。

地元の川崎。

と言っても、川崎駅の周辺ではなく、最寄りは南武線の矢向という駅です。

最近は、少し離れた所に、高層マンションやら企業やらが多くなってきたので、人の乗り降りは多くなってきています。

まあ快速は止まりませんが…。

まだまだゆったりとした駅前ですが、昔に比べたら色々なお店(とくに飲食店)は格段に増えたと思います。

もともと、生活するのには全然便利でしたので、外食するようなお店がなくても問題はありませんでした。

10分ぐらいで川崎駅周辺にいけますので。

ここ数年で駅回りから徒歩数分圏内に、飲食店は増えました。

新しいお店が地元にできるのは、うれしいもので、新しいお店を見つけるととりあえず一回はいってみたりします。

地元の醍醐味ですかね。

そんな中で、以前から利用している焼肉屋さんがあります。

子供の頃、家族で利用していた一番のお気に入りの焼肉屋があったのですが、なくなってしまい、その後あまり矢向で焼肉は食べなくなったのですが、矢向駅の踏切渡って(改札がある側から)すぐの所にある焼肉屋が出来てからは、ちょくちょく利用するようになりました。

最近その焼肉屋さんのシャッターがあいていないのに気づき、ふと見てみると長期リニューアルを知らせる張り紙が。

リニューアルならばわかるのですが、長期とかかれているので少し心配でした。

で実際に営業をしなくなってから、二ヶ月以上たったと思います。

まだそのまま。

リニューアルをしている形跡がない。

これはどうしたのか…。

調べようがないのですが、このままお店やめてしまうのでは…という心配もでてきています。

飲食店の経営は、簡単ではない。

むしろ難しい事は、仕事上色々なお客さんをみているとわかります。

なので、ずっとお店を続けるという事は大変ですし、それこそ色々な状況に左右されてしまう面も多々あります。

しかし、単純に美味しくて、よく通っていた地元のお店がなくなってしまうのは…。

(まだやめると決まったわけではないですが。)

というネガティブなイメージになってしまいがちなほど、期間がたっているので。

ぜひこのイメージではなく、実際にリニューアルオープンされることを、地元の一人としては願っています。

実際、こういう状況だと、どういった感じになっているととらえるのが妥当なのか、色々な人の意見をきいてみたいです。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください