surfaceのタイプカバーキーボードが反応しなくなった。キーボードが外せるのは便利だけど、やはり壊れやすいのか。

先日、使用しているノートパソコンのSurfaceのキーボードが反応しなくなりました。

その前の日の夜までは、何も違和感なく使用できていたのに、

その日の朝に電源を入れてさあいつものように始めようとしたところ、キーボードがうんともすんとも反応しません。

その時は、まあなんか接触が悪いのかぐらいに思い、

マウスで操作。

後は外付けのキーボードもあるので、そちらでも操作できるので特にできない事はありませんでした。

しかし、タイプカバー型のキーボードが使えないと困る事が、

外出時にパソコンの操作ができない事。

画面上でのタッチキーボードを使えば出来なくもないですが、それでは使い面過ぎるし、時間の無駄。

なので、朝の一通りの作業を終えて、

キーボードのチェック。

外したり、装着したりすればすぐに使用できると高を括っていましたが、無反応。

再起動や、電源をオフにすれば間違いなく作動するだろうとやってみましたが、無反応。

ここらへんで、焦りが。

故障するような出来事は、前日の夜から特になく、落としたり、衝撃を与えたりなんてことももちろんありません。

外に持ち歩くといった事も、前日の午前中はしていましたが、その時は何も問題なく使えていました。

その後は内勤。

これも普通に使用していたのに…。

まさかここまで反応しないとは。

少々焦りましたが、さっそくネットで修復の方法を検索。

いくつか対処方法があり、一つずつ試してみましたが、

結果反応なし。

こうなると、本体の接続部分の故障か、タイプカバーキーボード自体の故障かになります。

本体だとすると想像以上に大ごとだ…と若干テンション下がりましたが、特に問題なく使えているので本体の方ではないのではと、勝手に思っていました。

後は、初期化して試せば、どちらが故障しているかがわかるといった事もありましたが、

初期化するとなると時間も手間もかかるので、まずは購入した家電量販店に相談に行きました。

とりあえず、他のタイプカバーキーボードに付け替えて試してみましょうと言われ、

店舗にある展示品のものを装着。

すぐに反応。

壊れているのは、タイプカバーキーボードの方ですとの事。(初期化しなくてよかった…。)

となると修理交換はできるか尋ねると、それはMicrosoftの方へ直接聞かなければならないらしい。

となると、すぐに使用するためには、タイプカバーキーボードを新たに購入するしかないわけか…。

と悩みましたが、結局、選択肢は購入するしかないので、購入しました。

なぜ故障したのかもわかりませんが、とりあえずすぐに使用可能になったので、良かったのですが、

やはり、キーボード取り外しができる分こういった故障のリスクは、一体型のノートPCよりも高くなってしまうのを

身をもって感じました。

また壊れないのを祈るばかり。

せめて2年ぐらいはもってほしい…。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください