無観客の配信生ライブ。コロナ対策としてのライブの新しい形だが、これはこれで楽しめる。

このブログでも、何回か書いたりしていますが、

私はB’zが中学生の頃から好きで、ファンクラブにも入っています。

新型コロナウィルスの影響は、こういった業界にも多大なる影響をもたらしています。

何よりも、ライブを行う事が出来ないのは、音楽を生業としている方にとっては、ビジネスの面のみならず

音楽をやる方の醍醐味を根こそぎ奪ってしまうほどの打撃ではないかと思います。

そういった逆境の中でも、どうにかライブというものをどうにか行うために、

様々なアーティストが、配信ライブというものを行っています。

B’zも先日から5週間連続での生配信でのライブを行っています。

正直、ファンでもこの配信というものに対して少し不安がありました。

やはり、画面越しで、基本ひとりでそれを観ても、やはり盛り上がりには欠けるだろうし、DVDなどのライブ映像を観ているのと

変わらないのではないかと。

しかし、現状生ライブを行う事が難しいので、こういった方法によるしかない事は痛いほどわかります。

なので、期待と不安が入り混じった感じで配信を観てみました。

正直、思っていたより楽しめるなと。

もちろん、ライブが行われている会場には観客は一人もいません。

アーティストとスタッフの方だけという状況です。

曲が終わった後の、歓声もなければ拍手もない状態。

このような状況で、ライブを行っている側の気持ちはどんなものなのかを考えたりして観てしまいますが、

それでも画面越しに見ている方たちは、それぞれの形で歓声や拍手をしていると思います。

私も自宅の部屋で、テレビで見ていましたが、曲が終われば自然と拍手をしていました。

しっかりと、画面の向こうにいる観客を意識しながらライブを行っていますし、

そういった気配りを感じます。

生のライブでは、席が遠ければ観にくいなどの問題があるかと思いますが、配信ライブでは

そういった心配はなく、皆が平等におそらく一番いい席で観ているような感覚になれるのも

配信ならではの醍醐味かと。

そしてやはりDVDなどとの一番の違いは、生配信であること。

その時間、その場でライブを行っているという臨場感が配信でもしっかりと伝わります。

私が観た時は、会場は羽田に新しくできたZeppHanedaで行われたものですが、

その会場の中を歩きながら、少し会場の外にでたりの演出もありました。

まさにその時間に彼らはそこでライブを行っているのが体感できます。

あらかじめライブを行って後に映像を配信といった方法もあるでしょうが、

やはり、生配信だとグッとライブに対する臨場感や体感は上がるように個人的には思います。

ライブをやる方も、観る方も絶対的に生で行いたいという気持ちの方が強いはずです。

それでもそれが可能になるまでは、こうした方法を模索しながらでもライブという形を

届けてくれることは、どんな仕事にも通じる事ではないのかと思います。

出来ないであきらめるのではなく、違う形、違うものでも出来るようにできないかを模索する事は

やはり重要だと改めて感じました。

こういった生配信ライブであれ、やはり実際に行う際の感染予防はかなりしっかりと行っているようですし、

簡単な事ではない中で、久しぶりにライブを感じる事が出来た時間はとても楽しかったです。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください