住宅ローン減税の見直しが来年度の税制改正で焦点となりそう。

年末になると、税制の改正に向けて騒がしくなってきます。

毎年何かしらの改正がありますが、その中で多くの方に影響がありそうな

住宅ローン減税の見直しについて、政府・自民党内での案が出ているようです。

現状の住宅ローン減税については、年末のローンの残高に1%を乗じて所得税から控除する方式となっていますが、

これを低金利が続いているという観点からも、1%を下回る金利でのローンを組むと、利息よりも多く控除が受けられるので不必要な

ローンの利用につながるといった指摘から見直す方針のようです。

住宅ローン控除は、ローンがある期間ずっと受けられるわけではなく基本的には10年程度なので、上記のような

観点からはどうかと個人的には思ってしまいます。

見直し案として出ているのが、

控除額を、年末のローン残高の1%とその年に支払った利息の総額の少ない方とするといった

方向で調整しているようです。

現実的といえば、現実的な方法ですが、今までのような方法の方が明らかにわかりやすいし

計算等もしやすいようには思うのですが、今後は、銀行からのローンの年末残高証明書にその

年中に支払った利息の額も記載されるようになるのですかね。

さらに、そもそもこの住宅ローン減税の適用を受ける入り口の所の対象を、現在の床面積50㎡以上から

40㎡以上に緩和されるようですが、その部分での適用には所得制限が課されるような方向のようです。

その他新型コロナウィルスの影響で、入居が遅れた場合等の措置も検討されているようですが、

何よりも、やはり控除額の計算が、どちらか少ない方というような事になる部分が、一番の

関心どころかと思います。

税制改正大綱がそろそろでますので、そのあたりも含めて

今後もう少し詳しくこのブログでも書いていこうかと

思っています。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください