事業承継・引継ぎ補助金の追加公募が発表されました。

事業承継・引継ぎ補助金とは。

事業再編、事業統合を含む事業承継を契機として経営革新等を行う

中小企業・小規模事業者に対して、その取組に要する経費の一部を

補助するとともに、事業再編、事業統合に伴う経営資源の引継ぎに

要する経費の一部を補助する事業を行うことにより、事業承継、事

業再編・事業統合を促進し、我が国経済の活性化を図ることを目的とする補助金です。

申請スケジュール。

公募期間:2021年9月30日(木)〜2021年10月21日(木)18:00まで

交付決定日:2021年11月中旬(予定)

事業実施期間:交付決定日〜最長2021年12月31日(金)まで

事業完了報告期:交付決定日〜2022年1月中旬(予定)まで

交付手続き:2022年3月下旬(予定)

申請類型。

・事業承継・引継ぎ補助金(経営革新) 

 Ⅰ型経営者交代型

 Ⅱ型M&A型   

・事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用)

 Ⅰ型買い手支援型

 Ⅱ型売り手支援型 

※類型について詳しくは、「令和3年度当初予算事業承継・

引継ぎ補助金Webサイト」ホームページをご確認ください。

概要。

・経営革新

補助率:1/2以内  

補助上限:250~500万円以内(上乗せ額:200万円以内)

補助対象経費:設備投資費用、人件費、店舗・事務所の改築工事費用 等

→事業承継、M&A(経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機として、

経営革新等に挑戦する中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)

POINT

・新しい商品の開発やサービスの提供を行いたい

・新たな顧客層の開拓に取り組みたい

・今まで行っていなかった事業活動を始めたい

・専門家活用

補助率:1/2以内  

補助上限:250万円以内(上乗せ額:200万円以内)

補助対象経費:M&A支援業者に支払う手数料、デューデリジェンスにかかる専門家費用 等

→M&Aにより経営資源を他者から引継ぐ、あるいは他者に引継ぐ予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)

POINT

・M&Aの成約に向けて取組を進めている方

・M&Aに着手しようと考えている方

確認事項。

※ 本事業の申請書の提出方法はインターネットを利用した

「電子申請(Jグランツ)」のみでの受付となります。

※Jグランツの申請にあたっては、事前にGビズIDプライ

ムアカウントの取得が必要となります。

 アカウントの取得には1~2週間程度が必要となるため、

公募締め切りに余裕をもって手続を実施してください。

※6月~8月にかけて公募をしておりました「令和2年度

3次補正事業承継・引継ぎ補助金」と補助率や補助上限額等が異なります。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください