会計ソフトをどうするかではなくどうなるかについて。

今更ながら、独立したばかりの頃にパソコンなど一式そろえるのを思い返してみると、
そこに会計ソフトをどれにするかという事もあったなと。

私は、独立する前にほぼほぼ決めていましたので、資料請求をして年額いくらになるか等は色々と調べていました。

そして、基本的には、今まで使っていたものでさらに安く使えるものを選んだつもりです。

が、実際に独立してからは、もちろん様々なソフト会社等の営業があったりしていましたので、少し考えも変わってきたりしています。

 

最近でも、少し営業の人の話をきいてみたりしていると、自分の中でもそうですが、営業の方も
もはやソフト一式を売るような感覚が少なくなっている気がします。
(まあ、私のように一人でやっている規模にはそれなりの方法といったものがあるのでしょうが。)

とはいっても、根本的に今やソフトの入り口は極論言えばどれでもいいと思っています。(価格等は大事ですが。)

これがいい、あれがいいというのも、もちろん人それぞれあると思うのですが、最近はどれにでも変換できるようになってきてはいます。
クラウドのMFやfreeeの影響はこういった所でも多大にでてきているのでしょう。

なので使いたいものだけ使えるようにという売り方が、もはや主流になっているようにも思えます。

 

そんなことを考えていると、士業という職業が将来AIにとってかわるとよく言われますが、
という事は会計ソフトというもの自体も、もはや無くなってしまうものなのかもと考えてみる時があります。

 

今や、様々な範囲で同期ができるようになっています。(これはこれで少し昔ならば革命的なものだったのかもしれません。)
これをさらに先へ進めていくと、それはもう同期なども必要なくなる状態。
全ての管理が一元化でされていることになり、知りたい情報をいつでもデータ上で引き出せるようになる。という事になれば
もうそれは、会計ソフトがどうこうの次元ではなくなっていくなーっと。(単なる妄想ですが。)

 

しかしどうなっていくかは常に考えるようにしておかないと、売れる所にしか売れなくなってしまってからでは
それこそAIに限ったことではなく、とってかわられていく事は仕方ない事になってしまいます。

 

そういう風に考えてみると、なくなる職業・ものなどはすべてなくならないようにも出来る点が必ずあるんだと
逆説的に考えれるはずです。

 

やはりこれからは会計ソフト等に限った事ではありませんが、どれにするかではなく
どうなっていくかが非常に大切で、それを踏まえてどうするかをより深く考えていく事
が重要なんだと思っています。

 

将来、税理士がパソコンを必要としないなんて事にも…(さすがにそこまではなりそうもないですね(笑))

 

 

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

各種補助金、助成金への申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL :https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください