スケジューリングの妙。

最近の予定の組み方について。
上記の画像では手帳になっていますが、私は予定の管理では手帳は使っておらず
Outlookの予定表で管理しています。(Googleでの管理にどこかのタイミングで変えたいのですが…。)

さすがに分刻みのスケジュールという事はありませんが、1日に詰め込める所は詰め込んで
なるべく予定をいれない日というのも、意識的に作るようにはしています。
(そうしなければ、内部処理をする時間があれよあれよと減っていきますので(笑))

 

しかし、最近1日に3~4件の予定をいれる事が多くなってきました…

これは一体??
何も予定をいれない日の反動がきてしまっているのかと思い見直してみると、
そのことももちろん影響はしているのですが、あらかじめ入っていた予定があり
その予定の時間を見て他の予定を入れ込むという傾向が強くなっていました。

これが、悪い事ではないのですが、その件数というよりも内容について意識が
まったく反映されていないので、少々問題かなと思い、自分への反省を込めて今日はブログを書いています。

 

予定表を眺めていると、なかなかうまく予定を組めていると感じたのですが、負担のバランスはものすごく
悪い、というよりはバランスというものがそもそも成り立っていない予定になっています。

例えば、時間が短くても重い案件、長くても軽い案件など様々です。これを思うがままに調整するのは
実際には不可能に思えますが、ある程度の調整は可能なはずです。

これをしていかないと、体や頭への負担感がものすごく重い日、週などができあがってしまい、その結果
効率も悪くなってしまったりと悪循環している期間があったと改めて見直してみると感じました。

 

日程を効率的に組めたとしても、その結果業務が非効率化では何の意味もない。
まさに本末転倒になってしまいます。

 

新規のお客さんなり、新しい方との打合せ等を1日に3件もいれると、その日の疲労感というものは
かなり重くなりますし、その後色々と考える事柄も多い事になりやすいので、これはバランスが悪い例になると思います。

 

こういったことを回避できるのが、独立してやっているメリットの一つなのに…。
これからは、予定の内容の比重も考えた上でのスケジューリングをしていくようにしなければと思います。

 

毎日分刻みのスケジュールをこなす人は、正直それだけでもすごいと思いますね。
あまり時間に縛られたくはないので、私は分刻みは無理そうです。(笑)

 

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください