車の運転、自転車に対するマナー??

先日、車を運転していたのですが、自転車とぶつかりそうになりました。

とはいっても、徐行なので、こちらはあらかじめ自転車がいるのは認識していたので、
ぶつかりはしない状況でしたが、その自転車は全くこちらを見ておらず、一時停止もせずに
スマホを片手にふらふらとゆっくり走行していました。

一応、こちらは優先通行の道路でしたし、交差点で交差する車の方は、しっかりと一時停止
(当然ですが。)なのでこちらは、まっすぐ直進しようとしたのですが、その自転車がふらふらと
交差点に入ってきてしまい、結局停止。

その時に気づいたのか、自転車もびっくりして止まり(きっとスマホとよそ見で全く急に車が近くにいて
おどろいたのでしょう。)引き返していきました。

が、なぜかものすごい形相でこちらを睨んできており、こちらもそれを見ていました。(運転に支障がないように。(笑))

 

きっと自転車に乗っていた人は、危ないだろ!ぐらいに思っていたのかもしれません。

しかし、まずそちらが一時停止していない。
車は停止して待っている。
ふらふらとゆっくりと走っていて周りを見ていない。
こちらが交差点を抜けなければ、交差する車も動けない。

こういった場合に、少し思うのはクラクションを鳴らす。方が良かったのかなと。
しかし、ああした意識がこちらに向いていない状況で、クラクションを鳴らすと
こちらに全く気付いておらず、予想以上にビックリして、転んでしまう危険性もあったので、
鳴らさなかったのですが、どちらが良かったのか…。

 

自転車で、最近は重大な事故が多くなってきています。
スマホなどを操作しながらなどのながら運転で、歩行者とぶつかって死亡事故を
おこしてしまったというニュースもよくみます。

 

そういった事で、こんなことがあったと話したときに、自転車に対するマナーも
あるのではと言われましたが、うーん…。

確かに、そういったものもあるでしょうし、車側がぜったいに正しいなんて思ってもいません。
自転車も乗りますし、そういったときに自動車の危ない場面もありますし。

 

しかし、お互いのマナーはもちろんあってしかりですが、まずは交通ルールを双方が守る事が
大前提だとは思うので、今回のような場合に自転車を擁護されても正直ピンとはきませんでした。

 

交通事故などは、こちらが100%注意をしていても避けれない事があると思うので
やはり、そういった場面に関わる全ての人がしっかりと注意をしてお互いを尊重しなければ
いけないと思いますね。

 

今後は、自転車に乗っている人が睨んできても、笑って返せるぐらいの余裕を持とう(笑)

 

 

 

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください