2019年度のIT補助金について。

ITツール導入に対する補助金である「IT補助金」のIT導入支援事業者の登録申請が4月15日から始まっています。

ITツールについては、4月19日から登録申請が始まる予定。

ITツールについては、経理の効率化や、顧客管理などの情報を一元化するクラウドシステムなど、多種多様で様々な業種で利用できる場合がある補助金です。

事業目的

IT導入補助金は、中所企業・小規模事業者等の方が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助するもので、業務効率化・売上アップをサポートします。

補助対象者

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業も対象)

補助対象経費

ソフトウエア費、導入関連費等

対象となるITツールについては、IT補助金2019のサイトに公開されているもの。

補助金の上限額・下限額・補助率

  • 上限額…450万円
  • 下限額…40万円
  • 補助率…1/2以下

ITツールについては、様々なバリエーションがあったりしますが、色々と組み合わさった中で使わないものだったりもあるかもしれません。

もし補助金の申請を考えていて、ITツールの導入を検討する場合は、そのツールがどの程度本当に必要かどうかの判断も必要になると思います。

しっかりと必要となるITツール導入が一番大事なことですから、補助金を申請するために選択といった事はしないように注意が必要です。

IT導入支援事業者の方も、様々なITツールを登録してそれを使ってもらうように、当然営業もしますので、色々と話を聞いたり、セミナーに参加してこういったツールがあると紹介されたりすると、すごく使えそうとつい思ったりもします。(私自身もそのような事は多々あります。)

そうなることは、全然問題ないですが、その時に何が本当に必要かだけは見失わないようにして、しっかりと本当に必要なITツールを導入して、補助金の申請もしていけばいいかと。

2018年度から引き続きIT導入支援事業者へ移行する場合と、新規に導入事業者になる場合で結構な数になりそうです。

上記に書いたように、IT補助金を申請する場合には、下限額が定められているので、最低でも80万円以上の導入費用が必要です。

上限については、450万円とかなり高くなりましたので、導入するITツールの幅もかなり増えそうです。

「今ならIT補助金が使えるので、このツール導入しませんか。」

といった話はよく出てくるとは思いますが、それが今、本当に必要か。というのだけは、そういう時に冷静に考えていけるようにするのを忘れないようにしなければと思います。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください