アップルペンシルの先端が消耗品とは…。段々とすり減ってたのでいずれペン自体の買換えが必要かと思っていました。

今や、仕事上で欠かせないものになっているipad。

さらにアップルペンシル(名称はこれでいいのかな?)とのセットが私のノートとペンです。

使い始めて、もう半年以上が経ちましたが、特に問題はなく使っています。

ただ一点、最近画面上でペンを使っていると時折ガリっといった感触を感じる事がありました。

最初は何かが引っかかってしまったぐらいと気にしませんでしたが、それを感じる事が多くなってきたので、画面に張った保護シートのせいかと、貼り直してみようかと思いました。(そうすると新しいものを用意する必要があります。)

しかし、触ったりしても特に凸凹があるわけでもないので、シートも関係ない気がしたのでまたしばらくそのまま使用。

ガリっとなる頻度が徐々に上がりこれは変だと感じ、あらためてアップルペンシルの先をみると…。

何か先の片側の方がすり減ったのか、そこから中の金属?的なものがみえていました。

これか!

見えていない方で書いてみるとまったく違和感はないのですが、見えている方で書くとやはりガリっと。

鉛筆のようにすり減るものなのか…。

知らなかった…。

これは最悪、アップルペンシルの買換えをしないといけないかと思い、安いものではないので意気消沈気味に…。

しかし、先端部分を少し回してみると、とれます。

個々だけとれるので、これだけ交換できるのではと調べてみると、ありました!

しかも一つ500円ほど!

これが安いと感じてしまうのは、きっと本体が高いからでしょう。

早速、外回りのついでにビックカメラやヨドバシカメラなどで購入しようと行ってきましたが、売ってない。

直営店でしたらあると思います。

と言われたが、そこまで行くのが…。

はじめてなので、実物確かめて購入したかったのですが、そうも言ってられない(めんどくさい…)のでネットで購入。

結局これが一番早い。

翌日には届いたので、早速、先端部分を交換。

アップルペンシルの世代も気にせずに購入したけど、特に新旧の問題ないようで良かった。

無事に装着できて、また滑らかな書き心地が復活しました。

冷静に考えれば、先端部分がすり減っていくのも当然ですが、そういった考えなく、壊れなければずっと同じ状態で使い続けられるという思い込みがいけなかったです。

使用頻度にもよりますが、私の場合は、半年ごとに先端を交換ぐらいのペースになりそうなので、年間でも1,000円ぐらいの負担。

まあ使用頻度から見てもコスパは決して悪くはないですね。

iPadもはや手放せませんし。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください