野球観戦でのビールの売り子さんの商売人感。

先日、東京ドームへ野球観戦に行ってきました。

チケットは、お客さんから頂いたもので、毎年ありがたく観戦させてもらっています。

野球観戦については、指定席では基本的に座って観戦。

ライブなどと違って、イスがあっても座らずスタンディング…とはなりません。

なので、のんびり観戦できるのが大きな醍醐味かと思っています。

もう一つ、座って観戦しているので、ビール等の売り子さんたちが所せましと駆け回って飲物を売っています。

これが成り立つのも、やはり座って観戦しているからでしょう。

スタンディングとなったら、色々と問題があるでしょうし。

ソフトドリンクからビール、サワー、日本酒などまで色々と種類はありますが、やはり主役はビールではないでしょうか。

ビールといっても、スーパードライ、一番搾り、モルツ、黒ラベルなど種類は様々です。

そのどれを買うかは、その人の好みでしょうし、もう一つ選択肢として、売り子さんで決めるというのが多いのが、野球観戦の特徴かと思います。(ですよね?)

連れて行ってもらっお客さんにも、聞いた事がありますが、あの場では、ビールを買う基準は、銘柄よりも売り子さんという方は、ほんとに多いです。

売り子さんの方も、それを分かっていると思いますし、そういったタイミングなどを逃さないようにしているのを間近で見ていると、かなり考えているなと感心します。

1人が担当するエリアが決められているとは思いますが、それでも結構な広範囲を、汗だくになって売っています。

順序良く、自分の思ったコースを常に繰り返し売り歩いている売り子がいたり、

エリアを守りつつ、見渡してポイントを探して売りに走っている売り子がいたりとみているとわかります。

まれにスゴイと思うのが、一度買った後に、飲み終えるタイミングを見計らっているかのように飲み干すとまた売りにくる。

よくみているのか感覚的なのかはわかりませんが、狙ったように売りに来るとそれだけでまた購入してしまったりしますので、戦略的で素晴らしいとも感じてしまいます。

そうやって、売り子それぞれが、なんとか自分のビールを買ってもらえるように考えて売っているあの光景は、野球観戦以外の楽しみにもなっている気がしますし、商売人として見えてしまう気もします。

体力も当然いるでしょうし、それ以外に頭も使って売り歩く。
あれで、かなりの売り上げをあげる人は、やはり商売人としても優秀になるのではないでしょうか。

素朴な疑問として、ビールの売り子さんは女性しかいませんが、男性じゃだめなのでしょうか…。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください