ちょっとしたレスポンスの悪さが気なってしまうのがクラウド会計。それを凌駕する便利さがあるかどうかが肝。

クラウド会計で個人的によく使っているのは、freeeとマネーフォワード。

定番と言えば定番です。

最近は、もっぱら決算期の関係で、freeeを使っている会社の処理があるのでいじっているのはfreeeが多いです。

クラウド会計のメリットは、もう色々な所でも言われているので今更いう事はないのですが、逆にデメリットというか不満な点が、色々とつきまとうのもまたクラウド会計の使用にはつきものかと思っています。(そうじゃないと使っていけませんし。)

最近、この二つのクラウド会計を使っていてちょっとしたことが気になりました。

例えば、試算表を表示します。

そうするとどちらも、損益計算書・貸借対照表のタブごとに表示がされ、タブをクリックすると切り替わるようになっています。

この切り替え時に、マネーフォワードの方はすぐにパッと切り替わるのですが、freeeだと切り替えのたびに読み込みの時間がかかります。

これが結構なストレスです。

勘定科目の確認やら仕訳の確認やらでこうした切り替えは、何回も行うので、この部分はパッと切り替わってほしい。

freeeの方は、自動帳簿チェックがあるので、その都度時間がかかってしまう仕様なのかもしれませんが、この時の読み込みは正直イライラします。

こうした細かな点は、マネーフォワードとfreeeの違いでも色々とありますし、それこそクラウドではない会計ソフトとでも様々あります。

ですが、同期をしての活用として、二つのクラウド会計は便利ですし、使い方次第ではかなりの時間の節約にもつながります。

大きな枠組みでの運用だけで良ければ、間違いなくクラウド会計の方が便利でしょう。

しかしその後の細かなチェック等については、やはり色々とやりにくかったり余計に時間がかかってしまったりする部分も正直あると思います。

それを凌駕している便利さ。

それは今は様々な同期が可能だったりだと思うのですが、レスポンスが良くなればさらにクラウド会計の良さがグンと上がるのにと期待もしています。
がなかなか難しいのでしょう。

しかし記帳代行業務については、まだまだすんなりと使いやすくはならないだろうし、クラウド会計と既存の会計ソフトの二刀流での運用は、まだこの先も続いていくような気がします。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください