クラウド会計の使用感

川崎のミューザとラゾーナ(東芝未来科学館前)がつながっていました。(以前から少し繋がりそうな気配はあったのですが、棚上げになっていた模様だったので)これで人の流れが少しミューザ側にも行きやすくなりそうです。

 

クラウド会計というと、色々とありますが、代表的なものはMFクラウドとfreee  だと思います。

私も両方を自身で使ってみたり(顧問先で使っているのもあります)して、お客さんに合うのはどれかなどを考えています。

 

双方とも、クラウド会計で違いはあまりなさそうですが、使用感等にはかなり違いがあります。

MFクラウドは、どちらかというと入口が会計の延長線上からの目線の感じですが、freeeは仕訳とかの知識がない方でも経理ができるという入口になっていると思います。

入口は違えど、いくつくところは、自動経理で処理の手間をなくし、時間も短縮、それでいて従来のような必要な帳簿書類が作成され、さらに分析もできるというものなのですが、アプローチが違うので、操作感はやはり違います。

 

MFについては、複式簿記の感覚で従来通りの入力にも対応しているので、簿記の知識がある人には入りやすいのは間違いないでしょう。

両方とも、預金やクレジットカード、Suicaなどの同期は当然に出来ますのでそこでの優劣はほぼないかと…。(MFクラウドの方がデータの同期等のバリエーションは豊富ですので、色々と連携したい方は、そこでの選択肢がでてくるかもしれません。)

コストについても月額使用料でほとんど違いはないので料金で選ぶという事はまずないのではないでしょうか。

入力についてだと、freeeには補助科目がないので、この点は今まで当たり前のように使って慣れ親しんでいる方には痛いところかと。
代わりに、取引先や品目などを登録できますので、それで残高等を確認はできます。(しかしこの辺りは、使用感としてもなじんでない分、簡単な修正等でも、どこをどうというのが逆にわからなくなっていったりして混乱しやすいです。)

領収書等の自身での取り込み~仕訳への反映については、freeeの方が使いやすいかと。
スマホ、スキャナーで撮影して取り込みをしやすい(MFクラウドの場合は専用のアプリはなく、MFクラウド経費を介してできますが)精度もよく、こちらは逆にfreeeの方が直接的でわかりやすいです。

細かな面ではまだまだありますが、今回はこのぐらい。

 

共通して言えることは、両方とも日々進化していっているのは間違いないので、定期的に比較して違いをブログでもお伝えはしていこうと思います。

正直どちらがいいかは、やはり使う人の使い方でよりマッチしている方を選ぶのがいいかと。

 

二つをたして割れば、現状では一番よくなりそうだな…とふと思ったりもします(笑)

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・借入等資金調達支援・税務相談等

各種補助金、助成金への申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
―――――――――――――――――――――――――――

    濱村純也税理士事務所
    税理士 濱村純也
    〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
    TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
    Email:jh@hamamura-tax.com
    URL :https://www.hamamura-tax.com

―――――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください