業務提携とクラウド会計。

先日、株式会社マネーフォワードと株式会社アックスコンサルティングとの間で、業務提携が発表されました。

クラウド会計ソフトをマネーフォワードは「MFクラウドシリーズ」、アックスコンサルティングは「Crewシリーズ」としてそれぞれ有していましたが、これをMFクラウドの方へ移管して一本化するようです。(私はCrewの方は使ったことがないですが、MFは使っています。)

今現在でもいくつかのクラウド会計ソフトがあるかと思いますが、このように業務提携等で、数も減り、洗練されていくかもせいれません。現在、クラウド会計というと、「freee」か「MFクラウド」もしくは「弥生のクラウド」あたりが有名ですが、そのほかにも色々とあります。

今回でマネーフォワードが有するFintechサービス開発力と、アックスコンサルティングの士業事務所へのコンサルティング力とでクラウド会計のシェアもかなり動くかもしれません。

私も自分で会計でfreee、MFクラウドを使い、クラウドではないJDLで会計・税務申告等を使っています。

以前にも書きましたが、正直どれが一番いいかは人それぞれです。どれもメリットもデメリットもあります。なので私から進めるときは、お客さん自身でやる事、できる事、状況を鑑みて、どれがあっているかを判断してという感じです。(最終的に決めるのはお客さん自身が一番いいと思います。

今回のような提携で、税理士事務所として使うクラウド会計ソフトのシェアは「MFクラウド」が一番伸びるように思います。(基本的にMFクラウドは従来の会計ソフトからの移行では、入りやすいと思います。)

freee も最近どんどん使いやすくなってきているので、税務との連携もよくなってきており、これですべてできるという連携性は一番になるかもしれません。

これによって従来の会計ソフトがだんだんと減っていく可能性も大きくなるでしょうが、極論全部クラウド化になるかもしれず、そうなったら結局クラウド会計が出る前の状況と同じようになっていくだけかもしれません。

せっかくのクラウドですし、もはやデータは一つで、どれでも操作(表示方法、入力方法等が違うだけで)できるようになったら便利だろうな~と。

(freeeとMFクラウドが業務提携で一つにまとまったらそれに近いことになりそうですが、現実的ではないですね(笑))

何にしても、日に日によくなっているクラウド会計ですから、今後はさらなるサービスがどんどん増えていくでしょうし、競争激化でどういった形で差別化、区別化していくのか、使う方の立場としてもその都度明確に把握していく必要がありそうですし、どのように便利になっていくかを楽しんでも(仕事的に)行けるのではないかと思っています。

 

確定申告(所得税)の期間も残すところあと1週間です!

気を引き締めてなるべく早めに終わらせて、ほっとしたいところです。

 

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

各種補助金、助成金への申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
―――――――――――――――――――――――――――

    濱村純也税理士事務所
    税理士 濱村純也
    〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
    TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
    Email:jh@hamamura-tax.com
    URL :https://www.hamamura-tax.com

―――――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください