ウェアハウス川崎が閉店するとの事。建物の雰囲気といい、ちょっとしたシンボル的なものがなくなってしまうのはさみしい。

川崎駅から徒歩10分ほどの所にあるアミューズメントパーク「ウェアハウス川崎店」が11月17日に閉店してしまうらしい。

建物がまさに香港の「九龍城砦」のような雰囲気で、内装も外装も凝っていて、中にはネットカフェ、ゲームセンター、ダーツやビリヤードなどが楽しめる施設だったので、学生の頃には利用していた事もありました。

最近は、ほとんど利用する事はありませんでしたが、建物を外から見る事は日常的にあり、そこにあるのが普通という施設がなくなってしまうというのは、やはり寂しい。

現実的には、駅からも少し離れていたし、場所的にはわかりずらい所にあったので、立地的に不利な面はあるのかもしれませんが、それを補ってあまりあるあの外観と内装があったので、使用する人は最近でも多いのかと思っていましたが、やはり利用者は減っていたようですね…。

川崎駅の周りは、ラゾーナが出来てからガラっと人の流れが変わってしまったのもあり、ラゾーナと逆方向には明らかに人の足が向かなくなってしまった事は、大きな要因かもしれません。

これは、このウェアハウスだけに限った事ではありませんが、まだまだラゾーナがある西口への人の流れというものは変わらないので、逆サイドの東口は、少しづつ活気は出てきてはいるとは思いますが、まだまだラゾーナが強すぎるように個人的には感じます。

そういったあおりもあるでしょうし、また施設内のコンテンツへの利用客のニーズが変わっていっている事もあるのでしょうから、従来のままでまた利用者が増えるといった事は難しいでしょう。

建物としては、とても趣向を感じる場所なので、何とか残して別の利用方法で活気を取り戻してくれればいいかと思うのですが…。

きっと取り壊されてしまうのかな。

ホームページを見ると確かに、

「11月17日をもって閉店」

というお知らせが出ていました。

 

このような施設については、場所だけでなく時間経過によるコンテンツの見直しが必要不可欠でしょうが、大規模になると、そういったものを即座に変えるという事は難しいですし、やはり現実的に変えるとするならば、いったん閉じてまた新しくせざるを得ないのでしょうが、こうなる前にもう少し手の打ちようはなかったのかなと少し考えてしまいます。

結構、この建物を目安に、案内とかすると伝わりやすくて便利な面もあったのですが。

閉店して、建物自体が変わってしまうのかどうかはわかりませんが、また一つ川崎のちょっとしたシンボル的なものが減ってしまうのは、悲しい限りです。

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください