地元の書店が閉店。また一つ昔からの風景が消えてしまった。

4月19日、惜しまれながらも地元にあった書店が閉店してしまいました。

「青馬堂書店」という名前。

私にとっては、どの本屋さんよりもなじみ深いもので、それこそ小学生ぐらいの頃から家の近くにあったので、本当によく利用させてもらいました。

お店についても、先日まで営業していたような立派な建物でない頃から知っているので、地元を代表する本屋さんみたいに勝手に思っていましたし、誇らしさすらありました。

踏切を渡ったところに支店のようなものがもう一軒あるのですが、そこは本屋という形態ではなく、どちらかというとカード等の販売や、そういったものを楽しめる場を提供することを主としている感じなので、本屋さんというイメージではないかと思いますが、子供たちをはじめ、かなり人が集まっているのをよく見かけましたので、こちらはこの形態で営業は続けていくのではないでしょうか。

しかし新型コロナウィルスの影響を受けてしまうので、当分は、以前のように人を集めたレクリエーションの場の提供は難しくなるかもしれません。

閉店してしまった書店。

本当に本屋といえば、ここだったので、なくなってしまうのはただただ悲しい限りです。

しかし、昔に比べて私個人の利用頻度も格段に少なくなっていたのも事実です。

そもそも本の購入が、昔よりも明らかに減っているようなこの時代。

さまざまな媒体で購入可能ですし、電子書籍といったものも多くなっています。

大手の書籍販売店は別ですが、やはり町の書店としては、年々経営も難しくなっていったのかもしれません。また、長年支えてきた店主の高齢化なども当然あるとは思います。

私が子供のころからずっとお店に立っている店主さんもかなり高齢になり、体力的にも難しくなってもおかしくない年齢でしょうし、無責任にただただ続けてほしいとは軽々しく言えないのですが、やはり地元から自慢の書店がなくなってしまうのは本当に悲しいです。

最近、本当に昔からよく利用しているお店が次々となくなってしまっている事が多いので、風景が変わっていってしまうのが切なくもあり、悲しくもあるのですが、そこに新しいものが入り、地元が活性化することは決して悪いことではないので、応援はしていきたい気持ちです。

本当に長い間利用させてもらった青馬堂書店。

常連というほどでもない私ですが、

今まで本当にお世話になったので、最後に一言。

 

ありがとうございました、そしてお疲れさまでした。

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください