特別定額給付金の申請後に、住民税と国民健康保険の納付書が…。

特別定額給付金で全世帯に世帯人数分に10万円が給付されています。

すでに給付を受けた方、まだ申請をしていない方、申請後に入金されるのを待っている方、さまざまかと思います。

私の場合は、6月始めに申請の用紙が届いたので、その後に申請書を郵送しました。

それで現在は入金されるのを待っている状態です。

そんな中で、矢継ぎ早に届いたものが二つ。

一つ目は住民税の納付書。

そしてその翌日くらいに届いたのが

二つ目の国民健康保険の納付書。

その二つの合計金額は…。

比べるものではないのですが、特別定額給付金の10万円がその支払いに消えていくような感覚になってしまいました。

もちろん、住民税も国民健康保険も、一括で払わなければいけないわけではありません。

分割で払っていく事で、一時的な負担を減らすことができます。

というより、一括納付が原則だったら厳しすぎます。

なので、しっかりと支払スケジュールを把握していけばいいのですが、今回は、新型コロナウィルス感染症で特別定額給付金の支給と時期が重なって、あらためて負担感を感じるものがありました。

個人事業主にとって、この住民税と国民健康保険の負担は毎年重く感じるものです。

今年は特に新型コロナウィルスの影響で、収入等へかなりの影響が出ている方が多いので、負担感はいつも以上に感じるかと思います。

やはりこれは、住民税や国民健康保険の算定が、前年の所得を基準に納付額が決められる計算方法にあるかと思います。

しかし、この計算方式を変更する事は簡単ではないのもわかります。

現状とかけ離れた納付額がきてしまうのは、こういったタイムラグの計算によるところがやはり一番の原因でしょう。

それでも今回のようなタイミングでの納付書の郵送。

これは、定額給付金の10万円のありがたみがどうしてもかすんでしまう残念なタイミングと感じてしまいました。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください