マスクやハンドソープなどがかなり普通に購入出来るようになってきた。第2波に備えてある程度の備蓄は必要か。

緊急事態宣言が解除され、県外移動も緩和され日常生活が戻りつつあります。

とはいっても、さまざまなところで新型コロナウィルス感染拡大防止への対策をとることは必要なので、

完全に以前の状態に戻るといった事は、現状ではありえないでしょう。

夏でもマスクをしなければいけないですし。

それでも、ある程度の日常は戻りつつあるかなと個人的には、最近感じています。

つい数週間前までは、マスクはもちろん、アルコール消毒用品やハンドソープなどが、軒並み売り切れていました。

今でもちょくちょく売り切れになったりはしているようですが、以前ほど全く買えないといった状態ではなくなったかと思います。

おひとり様一点限りというものが多かったですが、

そういった縛りも徐々になくなってきているように感じます。

先日、ハンドソープの詰め替えを2個買いましたが、なんか新鮮に感じてしまいました。

ソーシャルディスタンスや、3密を避けるようにするといった新しい生活様式も意識的にというよりは、

無意識のうちにそういった行動になってる気もします。

飲食店に入っても、席はかなり余裕をもって配置したり、対面に座らないように調整して、透明なシートなどで間を仕切るなどの

対策は、かなり多くの店で行われていると思います。

これによって、お客さんも完全にではないですが安心して利用できるようになるとは思いますが、やはり店側にとっては、売上が通常通りに比して落ちてしまうのは覚悟の上での措置でしょうから、まだまだそういった経営上での不安は無くならないかと思います。

出来る事をどこまでやるか。

その明確な線引きがないこのような事態。

もしまた緊急事態宣言が発令されたり、営業時間の自粛などが求められたら、さらに厳しい状況になるお店等が

確実に増えるでしょう。

もちろん新型コロナウィルスの新規感染者が0になり収束したわけではないので、

極端には、やはりなるべく感染拡大しないような自粛をすることが感染拡大防止の観点だけみれば正しい事だと思います。

この辺りは、個人の考えや周りの状況などがかなり色々な考え方になるかとは思います。

どちらにせよ、第2波に備えてある程度の備蓄はしておいて損はないと思いますが、

過剰な備蓄のために大量に買いだめをしたりはしないでもいいように、この日常が戻ってきている間に

少しずつ備えていく事が自然でいいのかなと個人的には思っています。

何よりいいのは、新型コロナウィルスの感染拡大が終息することですが。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください