あおり運転だけじゃない!!運転中に気をつけるべき右折車の強行突破。

車の運転。

どんなに気をつけていても、予想だにしないような出来事は起こります。

それが最悪の場合、事故となってしまうのですから常に注意が必要なのは言うまでもありません。

しかし、こちらがどんなに注意をしていても、現実に回避を出来ない事は確実にあると思います。

最近では、あおり運転での被害が数多く取り上げられていますが、

あおり運転についても、ほとんどがどうしてあおられたのかがわからないものが多いように感じます。

最近、車を運転していてたまたまでしょうが、立て続けに危ない目にあいました。

個人的に、運転が上手いとも思いませんし、そこまで年がら年中車の運転をしているわけではないので、かなり安全運転をしていると自分では思っています。そこまでスピードも出しませんし、車間距離もかなりあける方です。

そんな感じで運転をしているのですが、

右折車が強引に右折してくる場面が立て続けに起き、あわや接触事故となる事が続きました。

そもそも右折車は、直進はもちろん左折車よりも後に、余裕があるときに曲がるのが普通かと思いますが、その時は、何を思ったのか、誰よりも早く曲がろうとしか思えないようなタイミングで右折をしてきて、左折しようとした私の車とぶつかりそうになりました。

悪いとは思ったのか、右折中にこちらに手をあげて申し訳ない感じのジェスチャーをしているのは見えました。

だが、しかし。

そんな事をするぐらいなら、なぜアクセルを踏んできたのか。

考えると恐ろしくなります。

なにかものすごく急いでいたのかもしれません。

しかし、その強引な右折をしたところで、私の前になるぐらい。

急いでいてもたかが知れています。

ああいった運転を目の当たりにしたときは、一旦止めて文句を言いたくもなるのですが、それをやると

あおり運転みたくみられてしまうのかなと思い、なかなかできませんが、相手の方には、とても危険な運転だという事は知らせてあげたいと思ってしまいます。

さらにもう一つは、

今度は対抗車線で直進している時に、クラクションを鳴らしながら

強引に反対車線から右折をしてくるといった目に。

もうこれはほんとにダメでしょうと。

クラクション鳴らして右折させろというか、もう止まらずに無理やり突っ込んでくる感じでした。

あんなので事故になったら、100%貰い事故です。

いくら自分が気をつけていても、ああいった危険かつ無神経な運転をされるのはほんとに腹が立ちます。

とはいえ、相手の運転をどうにか制御する事はできないので、

やはり自分が安全に運転する事を心がける事しかできないのですが、

そういう意識がやはり重要なんだと思うようにしています。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください