車の運転は、やっぱりお互いを思いやる気持ちが大事。

このブログでも、何回か車の運転について書いていますが、

今回も危険だと思った出来事のお話。

先日、いつものように買い出しにいっているお店に車で行き、

返ろうとしたときの事。

帰りのルートで、いつも使っている道で、少々狭い道があります。

狭いといっても一通というわけではなく、どちらの進行方向でも車は走れます。

実際に、今までもその道を走っている途中に対向車が来ることも何度もありました。

その場合、ある程度、両車ともに端によって徐行すれば、よほど大きな車同士でなければ

普通に通行できますし、もし少し危ないと思えば、どちらかが少し空いているエリアに止まって

もう片方の車が通過するのをまったりすれば、何事もなく通れます。

大げさかもしれませんが、そこには、双方ともに当たり前のように、相手のことを考えての運転を

自然にしているのだと思っています。

そもそも運転中に、車が自分だけなんて道はほぼないでしょう。

そんな短いな側も狭い道を使おうと、いつも通りに

左折してその道に入ったのですが、運悪く、その時も対向車がきていました。

こちらは、左折して入る最中だったのですが、対向車は直進中。

なので、左折しきって端によろうとしたところ、

その対向車が何を思ったか、スピードを上げて向かってきました、

なんでこのタイミングでスピード上げてきたかわからないし、道のど真ん中を走行、端による気もなかったように思います。

あのままこちらも徐行でも進んでいたら、正面衝突してしまうぐらいの状況でしたが、さすがに直前で対向車もストップ。

こちらは左折で曲がり中、さらに後ろに同じように曲がろうとする車もいたので、対向車の方は、少しバックをしてくれるかと思ったのですが、

微動だにせず。

後ろに下がらないならまだしも、端にもよる気配なし。

仕方ないので、こちらがバックする意思を後ろに示して、後ろの車は対応して下がってくれたので、

左折前の道へバック。

そして、その対向車、さらにこちらに右折をしてくる様子。

その道も狭いので、こちらは少し左により、向こうの車が曲がるのを何とか見届けました。

ここで、多少なりとも相手への意思表示やらなんやら普通はするかと思うのですが、

まったく何もなし。さも当たり前のように走り去っていきました。

最初の段階で向こうがバックしてくれない。

端にもよらない。

さらに曲がってくるときに、少し大きく曲がるようにもしない。

これ、相手を思いやる気がないのはもちろんの事、運転適性がないんじゃないかと思ってしまいました。

そもそも、最初の時点で、スピード上げて迫ってきたこと自体がおかしいのですが…。

あれはスピード上げれば、過ぎ去って曲がり切れると思ったのか…、そう思えたのなら本当に適性がまずいと思いますが。

なんにしても、事故等にならなくてよかったのですが、ああいったあおり運転もあるんだとつくづく感じる出来事でした。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください