緊急事態宣言の延長によって、飲食店への協力金も延長されるよう、飲食店と同じくらい影響を受けている業種はどうなるか。

緊急事態宣言の延長が決定し、

3月7日までとなりました。

状況によっては、早めに終わる事もあるかもしれませんが、

少なくとも2月いっぱいは続きそうな感じがします。

飲食店にとっては、かなり厳しい状況が続いていきますが、

協力金についても、延長されるようなので、現状の維持はできるかと思います。

しかし、厳しいのは、飲食店だけではない事は、誰でも感じている事かと思います。

私も、仕事上、様々な業種の方の状況を聞くことができますが、

飲食店以外であっても、影響を多大に受けている業種は多々あります。

しかし、そういった業種への協力金というものは、現時点ではなく、

ただただ耐えるのみの状況です。

飲食店のように、営業時間の短縮などわかりやすい把握ができないので、

一律で協力金を出すといった事は難しい事もわかるので、なかなか難しいものでは

あるかと思います。

しかし、やはり限界になってしまうような業種も少なくないと思います。

イベント関係の業種の方については、飲食店と同じくらいの影響を受けている事も

あります。

しかし、現状でそういった業種への協力金はないので、持続化給付金や家賃支援給付金といった

一度限りのものだけで、あとはやはり借入等で、資金繰りを行っていくしかない部分があります。

こういった現状を見ていると、やはり協力金を様々な業種へ出すことが無理であるならば

多少適用の範囲を狭めても、持続化給付金の追加等を出してもらう事も必要なのではと

考えたりもします。

何よりも望むことは、緊急事態宣言が終わり、

イベント等もなるべく開催出来るようになる事なのは当然ですが、

それがどうなったらなるかが誰にも分らない状況なので、

なかなか計画も立てられないので、本当に難しい時期です。

せめて、あとどのくらい頑張れば、また以前のように事業を開始できるという事の

目途がつけば、気持ち的にもいいかと思うのですが、それすらも今の所

不透明なのが、より厳しさを増してしまっている気がします。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください