2022年1月より施行、電子帳簿保存法改正。

■ 電子帳簿保存法とは。

各税法で原則紙での保存が義務づけられている帳簿書類について

一定の要件を満たした上で電磁的記録(電子データ)による保存を

可能とすること及び電子的に授受した取引情報の保存義務等を定めた法律です。

電子帳簿保存法上、電磁的記録による保存は、

大きく3種類(電子帳簿等保存・スキャナ保存・電子取引)に区分されています。

■ 電子帳簿保存法上の区分。

  • 電子帳簿等保存 ②スキャナ保存 ③電子取引のデータ保存 で構成されています。

2022年の改正で、紙文書の電子化促進のため、電子保存のハードルが大幅に下がり、

全事業者対象で、電子取引の紙保存が不可になります。(2年間の経過措置あり)

■ 改正後のポイント。

紙(郵送)で届いた請求書などの帳簿書類等

【改正前】原則:紙で保存 → 税務署で申請すれば電子保存OK

【改正後】申請不要で電子保存OK(電子保存の要件有)

電子(メール等)で届いた請求書などの帳簿書類等

【改正前】原則電子保存 → 容認:紙で保存

【改正後】電子保存のみ ただし一定の条件に限り2年間の経過措置あり

※2023年12月31日で経過措置は終了予定

■ 電子保存のメリット。

・領収書や請求書等の保管場所が不要に

・紙に印刷不要で印刷コストが削減

・クラウド環境への保存で紛失リスクが削減

・電子化によるデータの検索が可能に

・経理を電子化することで生産性向上に

・テレワークの推進に有効

■ さいごに。

電子データで保存する際の要件が定められています。

2024年1月からは電子取引データ保存は対応必須となります。

いまのうちから準備していきましょう!

要件の詳細は国税庁のHPでも確認いただけます。

https://bit.ly/3pqGhfD

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください