商業活性化支援事業補助金

川崎駅の北口新設の工事もだいぶ進んでいます。

補助金の中でも、地域密着という色あいが強いものがあります。

「地域・まちなか商業活性化支援事業補助金」

中小企業庁が,平成29年度予算「地域・まちなか商業活性化支援事業(個店連携モデル支援事業)」の4次公募を11月28日まで行う。同事業は,商店街の活性化のため,商店街内の個店が連携して行う販路開拓や新商品開発の取組を支援するもの。詳細は同庁HP(http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/)。

【補助対象者】 法人格を有する商店街組織等のある商店街区内で事業を営み,かつ当該組織に加入している中小企業者又は個人事業主2者以上で構成される個店グループです。

【事業内容】 グループの構成員の店舗が営業を行う商店街区内で実施する販路開拓や新商品開発の取組であって,実施によりグループ構成員の店舗等の売上および当該商店街等の歩行者通行量の増加が見込まれる事業です。※なお、事業実施場所である商店街組織から、事業費の1/6以上の額の支援(資金提供)を受けられることが必要です。

【補助率】 1/2以内

【補助金上限額】 補助事業者数×100万円(ただし,500万円が上限)

【補助金下限額】 30万円

【募集期間】 平成29年11月2日(木)~平成29年11月28日(火)【各経済産業局宛て提出、当日消印有効】

なかなか面白い補助金だと思い、以前から気になっていて、お客さんにも話してました。

今は商店街がなかなか難しいので、シャッター街になっているところも数多くあります。

しかし商店街の中で商売をしている人たちは、決して自分たちだけという思いだけではなく、出来れば商店街全体を盛り上げていこうという思いがあります。(少なくても私がかかわっているお客さんはそうです。)

 

しかしなかなか事業として、それを行うのは容易ではないし、一人ではできません。
なので商店街のなかでどういう風にしていけばいいかと思いを巡らせている人の為に、こういう補助金はとても使い勝手がいいものだと思います。

 

商店街の活性化の手助け、もしくは一つのきっかけでもとこのような補助金の情報はちょくちょく挙げていけたらと思っています。

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺での創業支援・借入等資金調達支援・税務相談等なら

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
―――――――――――――――――――――――――――

    濱村純也税理士事務所
    税理士 濱村純也
    〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
    TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
    Email:jh@hamamura-tax.com
    URL :https://www.hamamura-tax.com

―――――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください