カジノと依存症。

日本にもカジノができそうせすが、それとともにギャンブル依存症についてがやはり問題視されます。

カジノがいつ、どこに出来るか等はよくわかりませんが、(個人的にはあまり興味がないので。)横浜・大阪あたりが有力みたいです。

横浜ちかいな~…。

時期としては、やはりオリンピックには間に合わせたいのでしょうが、間に合わせるのはさすがに難しそうですが、間に合わなかったらカジノが出来ないという事にはならないようです。

メリットはやはり経済効果でしょう。

  • 観光客増加による経済効果(すでに観光客は増加しているのですが…。)
  • 雇用促進による経済効果
  • インフラ整備による地域の活性化

などがよく挙げられています。

まあ、メリットはあるんですが、日本らしさみたいなものが薄れてしまう気がしてしまうのは私だけでしょうか。
カジノがあるから日本に来るのか、日本に来たらついでにカジノがあったのか…様々な思いがありますが、カジノがあるから日本へ観光に…とはならないでしょうし。なのでカジノが出来たから観光客が増えたとはなってほしくない気がします。

さて、デメリットというか、依存所との関連や、入場料について先日みたので。

依存症については、もはやこれはカジノを作ると決めた時点で、ある程度しょうがないと捉えるしかないのではと思います。

カジノがなければ、根本的にはギャンブル依存所がなくなるわけではありません。ほかにもパチンコ、競馬など賭け事はあるのですから、しかしカジノが出来たらギャンブル依存所になる人は増えるのは確実でしょう。
それを何とか増えないようにというのには大いに矛盾を感じますし。(だったらカジノ作らないのが一番ですからね。)

しかし入場料2,000円の案が安すぎるとして、金額を見直すみたいですが…。

焦点はそこなのか?と。

日本人は週何回までとかの制限をつけたりと色々ありきみたいですが、さらに入場料を高くすれば依存症も抑制できる。
しかし集客の面もあるので、高すぎても…。

色々なしがらみを感じますが、依存症を抑制するという気構えがこれであるのかは正直??です。

 

カジノをやるのに、依存症が増えないようにするという相反する事柄を一緒にしようとするのがそもそも無理なんじゃないかと思います、個人的に。

日本人は出入り禁止にすれば、一番わかりやすいでしょうけど。

やはり結局は個人での責任となるので、自身でしっかりとコントロールして楽しむ事が一番大事になるでしょうね。

 

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

各種補助金、助成金への申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
―――――――――――――――――――――――――――

    濱村純也税理士事務所
    税理士 濱村純也
    〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
    TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
    Email:jh@hamamura-tax.com
    URL :https://www.hamamura-tax.com

―――――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください