そういえば携帯ゲーム機市場ってどうなっているのだろう。

PSVitaが19年に出荷を終了する。

ふとこんな記事を見た時に、そういえば携帯ゲーム機って今どうなんだろう?と思いました。

つい数年前までは、DS(3DSなど)やPSVitaなどは、携帯ゲーム機の代表的なものだった気がします。

しかし、スマホが普及しだして、スマホでもゲームが出来るようになった現状で、携帯ゲーム機を見る事が少なくなったように
思います。

確かに、今でも子供たちなどが、行楽地などの待ち時間等でDSなどをやっているのをよく見かけますが、
それはやはり子供はまだスマホを持っていないし、ましてや課金してゲームをするなどはやらせてはもらえないのが
普通かと。

もはや中学生ぐらいになると、スマホを持つことは当たり前(小学生でもそうかもしれませんが)になっているので
そのあたりの年代は、ゲームはスマホで。が当たり前になっているのだと思います。
そのような時代の流れで、携帯ゲーム機という位置づけは、もはや縮小せざるを得ないのもわかりますし、実際に出荷を終了という
事実もうなづけます。

しかし、すべてがスマホへと流れているのかといえばそういうわけでもないと思います。
既存のゲーム機(PS4、switchなど)は健在でしょうし、これはスマホのゲームとは違ったベクトルのものでしょうから
そう簡単になくなるといった事はないでしょう。

eスポーツの競技人口も格段に増えているようです。

「eスポーツ」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

世界的には、日本よりもかなり盛んに行われているようで、プロのゲーマー(と呼び名はいいのかわかりませんが)の数も多く、
職業として成り立っているぐらいです。

オリンピックの競技種目にも採用しようという動きもあったようですが、さすがにそれは簡単には
行かないようです。(個人的にはそこは組み込む必要がないと思いますが。)

というように、かなりゲームという世界の認識も、もはや娯楽という枠で収まるようなものではなくなってきているようです。

 

携帯ゲーム機が衰退していくのも
eスポーツが広がっていくのも、時代の流れはあれど大きな枠組みは、
家庭用ゲーム機やPCのゲームが始まりでしょう。

この先、据え置きのゲーム機もどうなっていくかはわかりません。
クラウド等の活用で、ゲーム機が必要なくなったり…なんて事にもなるかも。

そこは、やはり様々な要素が絡み合うものでしょうから、どうなるかは予測もつきませんが。

 

電車の中などで携帯ゲーム機で遊ぶ子供の姿なども数年先には、なくなっているのかもしれませんね。

 

 

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください