スマホの買換え。今までのように気軽には行えない料金になるから、新機種がでてもみないようにする。

スマホの料金プランについて、ドコモやauなど新しいプランが発表されましたが、まあそんなに安くなりません。

今後は端末購入に関しては、補助のようなものもなくなるので、もし今後スマホを新機種に買い替えたらその分だけ負担が増える事になります。

スマホの機種変更はどのぐらいの期間で行っているのでしょう。

私は、基本的に今までだと2年間の端末代金の補助が終わるまで使い続け、それが終わった時にどうするかを考えていました。

そもそも、2年間が終わったからといって買い替える必要は全くないです。

そのまま使い続ければ、料金はほぼそのままか、少し安くすむ金額で利用できるようになります。

しかし、2年間使うと、端末自体かなり古い感じがしてしまいます。(普通に使用していく上で不便かというとそうでもないのですが。)

簡単に言うと、飽きている状態なわけです。

そのような時期に、新機種等(少し前の機種でも今よりいいです。)をみたりすると変更したくなり、2年間使い続ける事で端末購入の補助があるので料金も変わらずに機種変更出来てしまうため機種変してしまう。

というのを、今までは繰り返して言っていました。

今後は、端末代金の補助がなくなるのでどうなるかと思っていましたが、先日ドコモ(私はプライベート用としてはドコモを使っています。)が「スマホおかえしプログラム」なるものを発表しました。

これは、36回の分割払いで対象のハイエンドスマホを購入すると、最大12回分の残債の支払いが不要になるというもの。

要するに36分割したうちの24回支払えば済むのですが、使っていたスマホは返却する必要があります。

これにより、端末の購入代金の月額は3,000円弱(端末代金によりますが。)におさえる事ができるようです。

これを高いとみるか、安いとみるかは人それぞれでしょうが、個人的には、全くこのプログラムに魅力は感じません。

となると、今後端末を買い替える回数はいままでと比べたらかなり減ることになります。(しょっちゅう変えていたらお金がかかってしょうがない…。)

という事で、今使用しているスマホ(これもすでに発売から2年はたっていると思います。)の手帳型カバーをあらたに購入。(かろうじて家電量販店にまだ売っているので。)

少しでも、壊れないようにするためにカバーは必要かと。

あとは、落としたりしないように気をつけて使うようにしようと心がけるようにしました。

壊れなければ、買い替える必要がないですから。(機能などにもそこまでこだわっていないので。)

今後買い替えるときには、端末を一括で購入して、長年使っていましたが、ドコモから格安のSIMフリーへと乗り換えようと思っています。

月額の使用料が今の半額ぐらいに変更したら考え直しますが…変わらないでしょうし。

違約金を一律1,000円にするというものも出てくるようで、今後どのようになっていくのでしょうね。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください