消費税が10%になった。クラウド会計ソフトの税率設定方法の対応が必要になる。

消費税が増税になり、早ひと月。

増税・軽減税率については、だいぶ馴染んできた(経理の処理等については、全くなれませんが。)感じがします。というより、あまり細かく考えていないのかもしれません。

事前から心配していた通り、イートインと持ち帰りの購入時に申告する事の問題はおきていますね…。(店内利用なのに、持ち帰りと言って軽減税率の適用を受ける。)これもそうなると前々から心配はしていましたが、やはり実際にそういう事が多発するとやっぱり悲しい。制度にも問題はありますが。

色々と問題が生じていますし、これからもまだまだ色々とでてくるでしょうが、今回はクラウド会計の税率設定について、ちょっとモヤモヤしている点。

freeeについては、とくに何も設定を直すことなく、10月以降の取引については、基本の税率が10%になるようになっています。他の会計ソフトもほぼ同様にそうなっているのではないでしょうか。

それが当たり前のようになっていたので、あんまり気にしていなかったのですが、マネーフォワードクラウド会計については、10月以降の取引について、税率が基本8%になっていました。

確かにホーム画面には、消費税設定の注意喚起が出るようになっていましたので、とくにクレームを言ったりはないとは思うのですが、ちょっと設定の仕方が他のソフトに比べると不便に感じてしまいます。

「9月までの取引の入力をすべて終えた後に、一括して税率を10%にしてください。」

こういったような感じで、設定を直さないと、10月以降の処理でも8%が基本税率となってしまっていました。

うーん…。

これってどうにかできなかったものなのかなと正直思ってしまいます。他のソフトは出来ているのに…。

あと、9月分の入力をすべて終了した後というのも、現実的ではないかなと。

そもそも、クレジットカードの支払などは少し遅れて同期されたりするし、後から追加で入力する事も多々あるでしょう。

その都度、今度は、10%から旧税率の8%に変更しなければならない手間が…。

マネーフォワードらしくないかな、なんて思ったりもしました。

だからといって、ほっとくわけにもいきませんので、設定は直しますが、当分税率についての注意は、今まで以上にしなければならなくなるかなと思いました。ただでさえ、複数税率の確認などの手間が増えているので、余計に負担に感じてしまう今日この頃です。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください