住民税の滞納を暗号資産で差し押さえ。こういう事が今後は当たり前になっていくかも。

大阪の寝屋川市が、市民税の滞納をしている男性の保有している暗号資産を差し押さえたというニュース。

税金の滞納で自治体が暗号資産を差し押さえたのは全国で初めてとの事。

実態がつかみづらい暗号資産を差し押さえるという事は、その価値がどうこうはおいておいても、効果的なのではないでしょうか。

単純に暗号資産で保有しておけば、ばれないからという理由での滞納等を抑える効果にもなるでしょうし、何よりも暗号資産といっても、隠し通すことは出来ませんという認識を持たせる効果としては、とても意義のあることのように思います。

そもそも税金の滞納をしてしまった結果ですので、差し押さえをされても仕方ないものを、さらに暗号資産にしてどうにか逃れようと考える人がいるかどうかはわかりませんが、そういった考えについての先手をとった今回の措置は見事だと個人的には感じます。

暗号資産については、とくにビットコインなど相変わらず値動きが激しいものがあるので、短期的に利益を得たり、損失を被ったりすることは、まだまだ多いと思います。

というより、こういうような状態がずっと続くのではないかとさえ感じます。

極端な話、暗号資産以外の資産を一切所持してなかった場合(そんな事はありえないのですが、例えとして。)、払いたくても払えるものがありませんといってしまえば、暗号資産以外については、それが現実になってしまうので、暗号資産についても、しっかりと資産形成をしている事を念頭に置いておくという考えが、今後は非常に大事になっていくように思います。

すでにそういった意識が必要な時代になっていますが…。

今回の差し押さえについては、金額的にみると

滞納額が300万円余りあったようで、その納付が見込めなくなったとして資産の差し押さえの調査をして、銀行口座の動きから暗号資産の存在を確認し、差し押さえの手続きをしたようです。

その差し押さえた暗号資産の金額は122円。

金額に見ると、少額過ぎて足しにもならないといった印象を受けるかと思いますが、今回は差し押さえた金額の大小ではなく、少額でも暗号資産を差し押さえたという事実のこそ大きな意味がある。

という事を個人的には思っています。

今後相続などでも、相続財産に暗号資産が当然のように含まれるようになるかもしれません。

その時しっかりと評価できるかどうか…。

そのあたりはまた別の問題ですが、いずれにせよ、暗号資産が身近になってきているのは間違いないのではないでしょうか。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください