確定申告の時期。自分の確定申告は国税庁のHPからのe-tax送信で早めに終わらせる。

年が明けると、すぐにやってくるのが個人の確定申告。

毎年の事ながら、この時期はやはり業界的にも繁忙期のため、なんか慌ただしくなります。

個人的には、あまり個人のお客さんをがっつりというスタンスでは行っていないのですが、それでも今年は繁忙期の感じが出てしまっています。

こうしないように調整してきたつもりでしたが、法人の決算等の時期のからみもあって、確定申告時期だけの新規の方を受け付ける余裕がなくなってしまいました。

業務ではないのですが、自分自身も個人事業主であるために、当然自分の確定申告もしなければなりません。

独立をしてから、一貫して続けていますが、自身の確定申告はいつも年明けのe-tax最初の稼働日に済ますようにしています。

なぜかという理由はいくつかありますが、個人的にこうすることで、仕事始めのスイッチが入りますし、確定申告に向けてのスイッチも無理なく入る気がするのでこうしています。

もちろん、現実的にメリットとなる部分もあります。

1月の初めに送信することで、納税なり還付なりの金額が早めに確定できて、期限ぎりぎりで焦ったりする事はなくなります。

還付の場合には、ほぼ1月中に還付金が戻ってくるので、その部分の資金を資金繰りの目途にしている場合にもいいと思います。

早く送信することで万が一、間違いがあったとしても、期限までなら再送信することが出来るので、早めに確定申告をe-taxで送信することのデメリットはほぼないのではないでしょうか。

普段使っている会計ソフト等で、作成送信しようとするとどうしてもバージョンアップ等の関係で早くても1月下旬くらいまで待たなければならないので、自分のものは国税庁のHPからe-taxで送信しています。

そうすることで、e-taxの使いやすさやにくさなども、実体験で話したりできることができるので、その部分は大きいかなと思っています。

色々なメリットありますが、自身の確定申告を終えていると、何より気持ちの面ですっきりして業務に集中できる事が一番大きなことだと私自身は思っていますので、このスタンスは今後も続けていこうと思っています。

会計ソフトなどでも年始早々から送信できるようになるならば、こういった事を出来るお客さんもいるのですが、さすがに難しいでしょうかね。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください