freeeの事業年度の更新について。もう少しスムーズにならないものなのか。

freeeの操作について。

むしろ、自分がわかってないだけなのか、もしそうだったら教えてほしいと思っているくらい。

会計freeeについての操作なのですが、事業年度をまたいで処理する事は往々にしてあると思います。

クレジットカードの同期などについては、少し遅れて同期されたりもあるので、どうしても新たな事業年度の入力等を開始してから

前事業年度に戻って処理する事が必要になっていまいます。

通常でしたら、ただ事業年度を切り替えて、修正したら、再度繰越をかけて残高等の更新をするという方法で済むと思います。

freeeについても、もちろんそういった方法ができるのですが、その事業年度の切り替えにとってもストレスを感じてしまいます。

新しい事業年度を始めるために、年度締めを行うのですが、その際にすぐに事業年度が切り替わらずにちょっと時間を要すします。

そして、少し時間をおくと、ホームに戻ると事業年度が切り替わっている仕様。

そして、前事業年度にサクッと戻れるならばいいのですが、戻るときも同じように年度締めの解除のような作業を行いまた少し時間を要する。

時間を少しおいてからホーム等へ戻ると事業年度が切り替わっている。

この作業がとくに決算時には無駄に思えます。

サクッとまでいかなくても、事業年度の移動については、選択して出来るようにならないものかと。

いちいち戻して、また締めてを繰り返さなければいけないのが本当に億劫です。

更に新事業年度ですすめていて、ひと月ほどクレジットの同期のタイムラグがあるときなどは、また事業年度の締めを解除して登録してからまた締める作業がどうしても必要になります。

本当にこれがとても残念な感じがして、ついつい書いてしまいました。

MFクラウドなどは、事業年度の選択はサクサクできるので、こういったストレスは全くないので、余計にfreeeのやりづらさが目についてしまうのですが…。

決算時にこの仕様は、かなり処理する方として、無駄な時間に感じてしまいます。

サクッと事業年度の変更が出来るようになればいいのですが、そうでなければ何かいい方法があれば教えてほしい。

やれる事が増えるのは良い事なのでしょうが、こういった処理の面の爽快さも、もう少し見直せるところは見直してくれるとありがたいのですが…。

超小規模な事務所の意見なので、届く事はないでしょうが、使用している方がぶっちゃけどう感じているのか、または上手く行う方法があるのかそれを教えてほしいとは思います。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください