副業をしてる人が多くなってきた昨今。サラリーマンでも確定申告をする人が増える予想。

副業を許可している人が、ここ数年でかなり増えてきた感じがあります。

サラリーマンが給与所得だけというのがもう当たり前ではなくなっているのが現実かと。

今まででも、株の投資などで給与以外の所得がある方は当然いましたが、そういったものに加えて、副業により収入を得るようになった方も多い時代になっています。

副業というものは、その形態も多種多様で決まりきった形もないので、収入や支出をしっかりと把握できない場合もあるのではないでしょうか。

そもそもそういった副業で所得(平たく言えば利益。)があった場合に、確定申告をしなければならない場合がありますが、それを失念してしまうと極端な話、脱税になってしまいかねません。

サラリーマンの方で確定申告をしたことがない場合は、そういった申告というものへの意識を持つことが大切かと思いますが、だからといって必ずしも申告をしなければならないわけでもないということも同時に知っておくといいと思います。

どういった場合に申告をしなくてもいいのかというと、

サラリーマン(年収2,000万円以下)の方は、副業に係る所得があってもその金額が20万円を超えなければ確定申告をする必要はないのです。

逆を言えば、20万円をこえる場合は、確定申告をしなければなりません。

ほんの数年前までなら、この20万円以下というもので副業の所得が収まっていた場合も多かったかもしれませんが、今の時代、副業でもかなりの所得を得る事ができるものが多様にあると思うので、本格的に副業をやっている人達は、基本的に確定申告の必要がある場合が多いかと思います。

実際に、副業収入が予想を超えて多くなってしまったのでどうしたらいいでしょう?

といった相談を年明けぐらいからちょくちょく受けることがあったりします。

そうした場合には、原則、確定申告をしなければならないという事をまずお伝えして、その上で、上記の金額判定でしなくてもいい場合もあります。と伝えます。

やはり、意識として最初に持っていただきたいのは、所得を得たならば、たとえサラリーマンの方でも確定申告をしなければならないんだという事なので、入り口で20万円以下かどうかを聞くことは個人的にしないようにしています。

そして思いのほか副業収入が多くなってきた場合でも、副業という段階では基本的にそれは雑所得になる場合がほとんどなので、ありのままの所得に税金がかかってしまう場合がほとんどです。

そういった観点から、副業を本業にしようとするといった方も最近は多いようです。

副業により確定申告をしなければならないといった方は、今後も確実に多くなっていくように思いますし、その先としてフリーランスとして個人開業する人もどんどん増えていくような気がしています。

将来的に、確定申告というものが、良いか悪いかは別として誰にとってもより身近になっていくのではないでしょうか。

色々な収入を得る媒体が増えていっているので、それこそ年齢や職種関係なく、申告をすべきとなる人は確実に増えていくでしょうから。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください