迂回のための歩道橋が、補強のため通行禁止。朝の踏切が大混雑してしまう。

事務所の最寄り駅である南武線の矢向駅。

改札が一つしかないため、線路向こうから改札のある方へ

渡ってこなければならない状態です。

せめて逆側にもう一つ改札があればかなり利便性は高くなるとは

昔から思っていましたが、需要と供給が成り立たないのか

予算の問題なのか、そもそもそういった計画すら出ないのかは

わかりませんが、確実に人は増えているのに生まれた時から

状況は変わっていません。

改札すぐ近くに踏み切りがあり、朝の通勤時間ともなると、

やはり開かない時間が多いため、車はもちろん、

まっている人もかなり多くなる様子が当然の光景となっています。

それでも踏切を渡らずに迂回のための歩道橋がすぐ横に

あるので、特に朝は利用する人が多いです。

私は、基本的に歩道橋を使うようにしているので、

あまり踏切が開くのを待つといった事は、朝はしないので

歩道橋はとても便利な迂回路だと思っています。

その矢向駅の歩道橋が、補強工事のために

6月14日から通行止めになってしまいました。

期間は9月30日までとなっており、かなりの長期間

歩道橋が使えなくなることになります。

個人的にも歩道橋が使えなくなることは、かなり影響が大きく、

となると代わりの迂回路は…

と考えても踏切があるのでそちらで迂回してください。

といった案内しかありません。

(当然、それしかない事はわかっていますが。)

迂回路であるはずの歩道橋が止められてしまい、

本道である踏切を迂回路としてくださいという

なんというかシュールな案内となっていますが、

やはり懸念すべきは、朝の通勤ラッシュ時でしょう。

ただでさえ、踏切にたまってしまう人の数が、この工事期間

は格段に増えてしまうはずです。

だからと言って、隣の駅を使うといった事も出来る人は

それほどいないと思います。

踏切を渡らなければ、改札へいけない側の人たちにとっても

この約3ヶ月半は、困ってしまうのではないでしょうか。

大げさにいうと、おそらくいつもの時間に行っても同じ電車に乗れない

場合が多くなる可能性は十分になるので。

私も朝は、踏切を越えて24時間のジムへいったりするので、

この歩道橋が使えないのは本当に影響が大きいです。

とは言え、今まで使っていた歩道橋もかなり老朽化は進んでいるのが

階段を上っている時でも見て取れたので、確実に必要な補強だとは

思うので、補強工事はありがたいとわかっていながらも、歩道橋が

使えない事がどうしても不便だと感じてしまいます。

9月30日まで我慢の日が続きますが、仕方ありませんね。

川崎生まれ・川崎育ちの税理士、濱村純也です。

川崎周辺(もちろんそれ以外でも)での

創業支援・創業融資・借入等資金調達支援・税務相談等

早期経営改善計画・経営力向上計画の作成申請支援等の

経営革新等支援機関業務・会社の健康診断も行い

各種補助金・助成金の申請等の力にもなる税理士事務所です!

濱村純也税理士事務所へ気軽にご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
――――――――――――――――――――――――

濱村純也税理士事務所
税理士 濱村純也
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-367
TEL:080-4058-1185 FAX:044-330-1376
Email:jh@hamamura-tax.com
URL:https://www.hamamura-tax.com

――――――――――――――――――――――――

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください